越谷美容室

アクセスカウンタ

zoom RSS 越谷美容室 ワカメを食べると毛が生える!? 「薄毛&育毛の通説○と×」

<<   作成日時 : 2011/04/22 14:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「薄毛はお医者さんで直せます」。こんなコマーシャルで一躍認知度が高まった男性型脱毛症(AGA)。男性の薄毛の多くが、このAGAだといわれる。

 AGAは思春期以降の男性に起き、前頭部や頭頂部の毛髪が薄くなっていく現象。額の生え際が後退するM型、頭頂部が薄くなるO型などが多い。

 主な原因と考えられているのが、ホルモンの影響。男性ホルモンの一種である「テストステロン」が、5α-還元酵素の作用で「ジヒドロテストステロン(DHT)」に変化し、毛髪の成長を抑制することで起こるといわれている。ヘアサイクルが短くなり、毛髪が成長しきる前に抜けるため、一本一本が細く、全体的に薄毛に見えるのだ。ただし、AGAの場合、通常は薄毛になっても産毛は残っているため、毛髪を作る細胞がある限り、もう一度太く育つ可能性がある。早い段階からケアをし、進行を止めることが必要だ。

主なメカニズムが解明されている男性型脱毛症

 脱毛症は発症のメカニズムや症状別にいくつも種類がある。例えば、自己免疫疾患が原因の一つといわれている円形脱毛症や、真菌などの影響による皮膚疾患である脂漏性皮膚炎による脱毛症、先天性の脱毛症、抗がん剤といった薬剤の投与による脱毛、代謝の障害や過激なダイエットによる栄養障害で引き起こされる脱毛など。

 なかでも男性に多いといわれているのが男性型脱毛症(AGA)。男性ホルモンの作用によって毛髪の成長の周期が通常時に比べて短くなることが主な原因と考えられている。思春期以降、前頭部や頭頂部を中心に薄毛になっていくのが特徴だ。

 通常、毛髪は2〜6年をかけて成長し、太く強くなっていくが、AGAの場合、成長期が数カ月〜1年程度に短くなる。毛髪は成長途中で抜けてしまうため、十分に育っていない細くて短い毛が多くなり、全体として薄毛が目立つようになる。一度症状が出ると、年齢とともに薄毛は進行する。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
越谷美容室 ワカメを食べると毛が生える!? 「薄毛&育毛の通説○と×」 越谷美容室/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる